水虫とは?

微酸性次亜塩素酸水と水虫

水虫予防とは
水虫とは、足白癬(あしはくせん)・白癬菌(はくせんきん)と呼ばれ、主に足に水疱・発赤・痛痒感を伴う感染症です。
水虫は高湿度を好むため、高温多湿の梅雨の頃から秋口にかけて症状が悪化します。水虫が特に足に感染しやすいのは、足の裏が白癬菌に触れやすいからと、高湿度環境が長時間維持されるからです。
特に、靴を長い時間履きつづけると通気性が悪くなり蒸れて、菌の活動が活発となります。梅雨から夏場の高湿度な環境が長く続くため、靴を履いている時間が長い、会社員やOLさんまたは、作業員さんや営業職に従事されている方に感染率が高く、現在では一般的な病気です。
また、糖尿病や免疫力の低い人、治療でステロイド内服をしている人は、水虫になりやすいようです。

水虫の感染
水虫は特に足の角質内部へ侵食し定住します。また皮膚の新陳代謝以上のスピードで侵食するため、自然治癒はほぼ期待できません。
一般的に水虫に感染すると炎症を起こし、かゆみ等が発生します。水虫に感染しても必ずかゆみ等の自覚症状がある訳ではないようです。
皮膚がぼろぼろになったりならなかったり、かゆみのみだったり、かゆみも耐え難い程から殆ど自覚出来ない程と幅があります。

水虫の予防
水虫既感染者との特に足まわりの直接・間接接触を避け、感染しうる機会を減らし、足を清潔に保ち長時間高湿度にならないようにすれば感染しません。靴下をよく取替え、通気性の良い靴にするなども足の湿度を下げることも効果があります。
最近では五本指靴下があるので、それを履くことも予防に繋がります。足を清潔に保つことは、水虫が定住している垢が長時間付着することを防ぐことになります。
一番の水虫予防は清潔を心がけることが大切です。清潔とは体はもちろん、部屋などを清潔にすることも含まれます。

水虫の治療法
水虫は自覚症状がある時点で角質の奥深くまで浸透していることが多く、また水虫を完全に殺菌することは難しいため、自覚症状が無くなっても皮膚が完全に新しいものに入れ替わる1ヶ月程度は治療の継続が必須です。
ですが、かゆみなどの症状が無くなったり、冬になり乾燥すると白癬菌の活動が弱まるため、治ったと思って治療を止めてしまい、水虫を再発させてしまうことが非常に多いようです。
このため水虫は治しにくく再発しやすい病気と誤解されている面がありますが、しっかりとした対策と治療、更にその継続さえあれば完治は容易な病気なんです。
また、水虫は伝染しやすい病気とも言われています。水虫自体の感染力は弱く、水虫が長く皮膚に密着した上で多湿環境が維持されないと感染はしません。しかし垢として角質ごと落下した水虫は数日は生存できるため、これがスリッパ・足拭きマットなどを介して非感染者の足裏などの皮膚に垢ごと付着し、高湿度などの環境が整っていた結果として伝染してしまうことが考えられます。
このため家族の中などで水虫感染者が居る場合は、スリッパや足拭きマットを専用にする、こまめに取り換えるなどの配慮が必要になります。長らく通気の悪い革靴を長時間履いたままになりやすいサラリーマン男性に多かったため、社会的には大人の男の病気という風に理解されている面がありますが、性別などは全く関係なく、また水虫の原因の白癬菌自体は自然界に多く存在する真菌(カビ)です。
感染しやすさはあくまで湿度や足などの環境に大きく影響されます。治療薬は一般店舗にも市販されている水虫用の抗真菌薬の内服・外用ですが、市販薬では効果がない症状・場合もあり、皮膚科・内科を受診すれば完治が容易な病気です。ですが、皮膚科・内科への通院は忙しい会社員・OLさんは特に平日の通院が困難な場合が多く、継続しての通院が出来ないことや、症状が緩和され完治する前に通院を止めてしまうことが多いようです。
厚生労働省が消毒効果を推奨している微酸性次亜塩素酸水は、現在では一般に広く普及し、安全面での認知もされ、尚且つ消毒・殺菌効果を推奨されています。
水虫の原因菌である白癬菌にも非常に効果があるようで、1日5分〰10分間この微酸性次亜塩素酸水を患部につけることで、効果を得ることが出来ると報告があります。インターネットでも数多くの利用者が効果を報告していますので、ぜひご確認ください。

ペットクリーン

バイオ消臭剤 きえ~る

バスタークリーンラビット

ペットの砂専用消臭マット

魚がいきいき

ペットクリーン定期購入

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 夏季休暇

自然災害、道路状況、天候などによりご希望のお届け日に間に合わない場合が予想されます。

予めご了解をお願い致します。

ページトップへ