バイオ活性水

バイオ活性水

会員登録Wプレゼント 送料無料 プレゼント企画 FAX注文書

バイオ活性水

バイオ活性水の仕組み

バイオ活性水とは?

バイオ活性水の主成分は光光合成菌・乳酸菌・酵母菌などに代表される有用微生物郡です。
一般的にはEMと言う名称で知られているところです。

EMとは、Effective(有用)Microorganisms(微生物群)の略語です。 「共存共栄する有用な微生物の集まり」という意味です。

EMは特殊な微生物ではなく、自然界に生息分布している微生物の中から、自然界を浄化する働きや物質の生合成を行う働きを持つ有用な微生物を、人間の手によって培養させた複合微生物集団を培養液としたものです。 EMは自然界から採種し、抽出、培養した微生物です。

バイオ活性水とEM菌の違いは?

一般に知られているEM菌の作り方は、ある程度の温度と培養に必要な餌となるものに糖蜜などを与えていますが・・・・当ショップで取扱うバイオ活性水に含まれるEM菌は、気温がプラス15℃以下では増殖しなくなるといわれています。

オホーツクの冬の気温はマイナス25~30℃になることもあり、消臭液製造槽はその苛酷な環境条件の中で増殖を続けるため強いEM菌に成長します。そのため生産されるバイオエキスは強力で、他のバイオ消臭液とは大きな差が出ます。

乳酸菌などの有用菌の増殖は促進するので効果の持続性が高く、汲み取り式便槽などでは一度の投入で有用菌が優勢になり一年以上悪臭が発生しません。
しかも利用者の方々からハエが発生しなくなったという報告を数多く頂いております。 バイオ活性水が動物の糞尿臭や汲み取り式トイレ・浄化槽・排水溝・生ゴミ・堆肥・介護の現場などで発生する腐敗臭に効果が高いのは培養過程で生産されたバイオエキスの抗菌活性力にあります。

ライン

農業の活用について
バイオ活性水の有用微生物群は生き物です。
乳酸菌、酵母菌に代表される有用微生物が有害菌や病原菌から、種を守り増殖を助ける物質(抗酸化酵素)を生産していることに着目、乳酸菌・酵母菌など20数種の菌に特殊な餌と環境を与え、大量に酵素を生産させたものです。
生産された抗酸化酵素(電気的マイナス)が有用土壌菌を増加させる一方、酸化酵素(電気的プラス)を保有している有害菌を減らします。その結果、連作障 害の原因と考えられている根が分泌した生長阻害物質を早期に分解し、連作障害や生育不良を改善させます。また、肥効が良くなるため、収量・食味・糖度など が改善し、残留農薬による弊害を軽減します。
北海道液体肥料として登録されており、安心してお使いいただけます。農家の方が散布する際に農薬などと一緒に散布することが出来、一度の作業で手間をかけずに作業することが可能です。

バイオ活性水の農業における期待と効果

有用土壌菌増殖の強烈な手助けをし、有害菌の増殖を抑えます。餌となる堆肥・有機肥料・作物残渣などの有機物が豊富な状態で散布すると、有用土壌菌は劇的に増殖します。
バイオ活性水は連作障害を克服させる効果が期待できます。

連作障害について

連作障害は微量栄養素の欠乏が原因と思われがちですが、種の存続本能と考えられており、同種・他の生長を牽制する物質を根から分泌、同じ作物を植えるとその物質が生長を阻害する。このことが連作障害の最大の原因であると考えられております。
※数年間、作付間隔を開けると回復するのは、生長阻害物質を有用土壌菌が餌として分解、微量要素も生産しているからであると考えられます。したがって有用土壌菌の豊富な土壌ではこの作用が活発であり連作障害が軽減されます。

漁業の活用について
水氷の水槽で使用する場合には水氷をセットする時点で透明液または有色液を5千~1万倍の希釈(1トンの水に対して0.2リットル~0.1リットル)を投入、水・魚の酸化劣化と腐敗菌の繁殖を抑え鮮度を保ちます。
魚種・日数・気温等により効果に違いができますから途中追加をしてください。

魚で使用する氷を製造する水に透明液を1千~3千倍希釈(1トンの水に対して1リットル~0.3リットル)で投入します。漁後の魚にしっとり濡れる程度透明液をスプレーすることで同様の効果があります。


畜産の活用について
牛・豚・鶏などの家畜の飲み水1トンに対して1~0.3リットル(1,000~2,000倍希釈)の「バイオ活性水」を投入し飲水させます。
効果成分の働きで有用菌が多く有害菌のすくない排泄物になり、悪臭はしなくなります。また、有害菌の減少により、ハエは発生しなくなります。(ハエは有害菌の少ない場所では繁殖できません)
(家畜飲水による細菌数推移検査 帯広畜産大学で実施の結果)

乳牛100頭飼育の場合、1頭当たり1日30リットル飲水するとして3トンの水が必要となります。1,000倍希釈だと、「バイオ活性水」を1日3リットル、月90リットル(18リットル缶5缶)使用します。
翌日の排泄物から効果が出ますが、過去の施設の悪臭が消えるのは1~2カ月かかります。一度消臭ができたら、その後は有用菌が劣勢にならなければ良いわけですから、その後は、2,000倍の希釈で有用菌が保てます。頭数が多い場合は、もっと希釈して使用しても有用菌は劣勢しません。

農業・漁業・畜産から個人まで環境資源を守る

バイオ活性水をご紹介します。

畜産(牛・豚・鶏) 農業の活用 漁業の活用 ペット消臭液

畜産の活用みらい 農業の活用土いきかえる 漁業の活用魚がいきいき ペット用消臭液きえ~る

バイオ活性水室内用きえ~る バイオ活性水介護用きえ~る バイオ活性水自動車用きえ~る 魔法の消臭

バイオ活性水室内用きえ~る バイオ活性水介護用きえ~る バイオ活性水自動車用きえ~る 魔法の消臭

ペットクリーン

バイオ消臭剤 きえ~る

バスタークリーンラビット

ペットの砂専用消臭マット

魚がいきいき

ペットクリーン定期購入

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 夏季休暇

自然災害、道路状況、天候などによりご希望のお届け日に間に合わない場合が予想されます。

予めご了解をお願い致します。

ページトップへ