生ゴミ処理機の徹底比較

生ゴミ処理機の徹底比較

使用方法 お手入れ方法 4つの特徴

比較 バイオ材 補助金と助成金

生ゴミ処理機の比較

「ニューサム」は他社製品とココが違います。
1.残存物を取出す必要がありません。
他社は繊維質など未分解物を定期的に取出す必要があります。そして定期的なバイオ材投入が必要であったり、定期的に「酵素剤」の投入が必要となるものもあります。

2.ペットの糞が同時に処理可能です。
他社は「投入しないで下さい」に分類されています。日本で明確に同時処理可能を銘打っているのは「ニューサム」だけです。

3.常温で処理をします。
他社はハイブリット式でも45度あるいは80度などの高温で殺菌減容処理しているか発酵分解させています。ニューサムは微生物分解ですのでゴミが消える「消滅型」です。

4.月の電気代が680円(通常使用)です。
他社は乾燥式1回の処理で15円~170円、バイオ式で250円~3600円(寒冷地での使用不可)。エネルギー消費量を押さえ、電気効率は業界NO1の製品です。

5. 手入れが楽。
フィルターを目詰まりしない様そして集塵袋を1ヶ月に1回水洗いするだけ。他社は乾燥式に関しては「電気釜で生ゴミを炊く」イメージでどうしても釜の中は清潔さを求められます。あるいは焦げ付きがなかなか落ちない等手入れが大変、他のバイオ式は定期的取出し投入で作業が増える上、購入コストが余計にかかる。


項 目バイオ式乾燥式ニューサム
処理方法の違い
バイオ式VS乾燥式
微生物の働きで生ゴミを水と炭酸ガスに分解し、減量・減容させる。約1/10に減容させる。微生物に生ゴミを分解させる方式。4.5時間から24時間で分解するタイプが多いが4.5時間で分解するタイプもある。残存物は少ないヒーター等の熱源や風で生ゴミの水分を物理的に蒸発させて乾燥し減量・減容させる。約1/7に減容させる。処理時間は2時間弱と短い。処理物は除菌されているので、触わっても問題ない。微生物に生ゴミを分解させるバイオ方式。自然界にある安全で無害な土壌菌を育成し、強力な分解力を持っている。残存物はほぼゼロ。
1日の標準処理量はどれくらい?700g~1.2kg400g~700g700g
(週に1回は1kgまで処理可能)
その標準処理にかかる時間はどのぐらい?4.5時間~24時間1時間45分~3時間24時間
(熱を通したものであれば短時間で分解可)
処理後どのくらいゴミは減る?約86%約86%ほぼ100%
どのぐらいニオイがするの?脱臭処理はできるが基本的な臭いはバイオ式特有の腐葉土のような臭いがする。
分解しきれていないゴミからは、腐敗に伴う臭いがする。バイオ式の場合は生ゴミを投入した瞬間から分解処理は始まっているが、反対に5~12時間で生ゴミの腐敗が進むので、その時点で分解しきれていない一部のゴミから腐敗に伴う臭いがする。これが気になる場合には常に脱臭ボタンをONにするといいが、幾分かは電気代が高くなる。
処理中は触媒でしっかり脱臭。
生ゴミ投入の度に処理をしていては電気代がかさむので、処理を1日1回とした場合、生ゴミ投入後、5~12時間後に腐敗に伴う臭いは発生する。
正常な稼動であれば、ほとんど無臭
ルールを無視して入れてはならない物を入れたり、長い間放置して何も入れなかったりするとニオイの原因になることもあります。
処理後のゴミの取り出し未処理のゴミを取り除く必要がある7~10日に一回程度、乾燥したゴミを取り出すゴミはほとんど残らないので、取り出しは不要
処理物は最後に何になる?可燃ゴミ、有機肥料可燃ゴミ、有機肥料バイオ材のままです。あるいは有機肥料にもなります。
処理物の除菌できない処理物は除菌されているので素手で触ることができる。処理物は除菌されているので素手で触ることができる。
生ゴミ以外に処理できるもの特になし特になしペットのフン
基材のメンテンス時期はどのぐらい?約1ヶ月~6ヶ月
減ったバイオ基材の追加や交換がある。またバイオ菌の管理が若干ある。
不要基本的には不要。
1ヶ月以上使用しなかった場合は基材の交換をおすすめします。
基材の価格433円~8,000円不要5,250円
運転音はどれぐらい?33~38db39db~43db35db以下
電気代は1月でどれぐらいかかるの?200円~840円
製造メーカーによってまちまち
630円~900円
※標準処理量:700g/日 電力料金目安単価22円/kWh(税込)で計算した場合
680円
※通常使用:24時間節電
1.027kw/日
電気使用量1kw=22円
1日=22.6円

項 目他社バイオ式他社乾燥式ニューサム
メリット・処理後の残存物が少ない
・乾燥式と比べ電気代が安い
・バイオ菌の管理をする必要がない。
・処理時間が短い
・室内での使用
・コンパクトである
・基本的にはバイオ菌の管理が不要
・処理後のゴミの取り出しが不要
・電気代が安い
・ペットのフンも処理できる
・手入れが楽
デメリット・バイオ菌の管理が必要。
・処理後のゴミの取り出しが必要
・チップ材・酵素の定期購入が必要
・屋外設置
・バイオ式と比べ電気代が高い
・バイオ式と比べ処理能力が小さい
・処理後のゴミの取り出しが必要
・メンテナンス(こびりつき、焦げを取る)が必要。
・ニオイが多少ある
・基材が高い
 但し基本的には交換不要
・屋外設置

ペットクリーン

バイオ消臭剤 きえ~る

バスタークリーンラビット

ペットの砂専用消臭マット

魚がいきいき

ペットクリーン定期購入

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 夏季休暇

自然災害、道路状況、天候などによりご希望のお届け日に間に合わない場合が予想されます。

予めご了解をお願い致します。

ページトップへ